月別: 2004年2月

ムーミンネクタイ

先日、フィンランドに出張した時に買ったお土産です。

結石でけました

オヂサンに着実に近づいてることを感じる今日このごろですが,とうとう,オヂサンの象徴のひとつ,結石なるものが出来てしまいました.

金曜日の早朝,左下腹部に激痛が….
変なものを食べた記憶もないし,トイレで頑張ってみるも全く出るものがなく….
一方で痛みは増すばかり…

とうとう我慢できず,病院の救急窓口を訪ねることにしました.病院に電話すると,「来られてもそのうち外来が始まってしまうとこちらは閉ってしまうし,それまでの間のレントゲンとか採血とかしか出来ませんけど,それでも良ければ」などと言われる.外来で延々待たされるなんでとんでもないので,「とりあえず,行きますので診てください」と伝える.

なんとか病院に到着.
しかし,こういう時でも大きい病院は悠長ですね.普通に書類に記載させられ,保険証を見せろと言われ,問診票に記入させられ…ナースは10分くらい来ないし.こちとらそれどころじゃないわい,って感じなんですが.

体温測定37度ちょっと高い,血圧測定220/180ってオイオイこんな数字みたことないぞ!
レントゲンを取るも,「右側に便がたまってるけど関係なさそうだねぇ」とか呑気に言われる.採血もされました.もうひとり救急の人が入ってきたので私はあまり構ってもらえなくなり…

「とりあえず,座薬入れて,検査結果を待ちましょう」とのこと.そうこうしているうちに外来が始まる時間になると,「外来の時間になるとここは閉ってしまうので,内科の外来に移動します」と言われる.内科外来の処置室内に収容され,別の宿直の先生に切り替わりました.どっちも若い先生です.研修医?って感じ.足の甲や足の指を触診されます.痛風をうたがっているのか? そのうち,尿検査をしましょうということで取ってみると,いままでに見たこともないような濃厚な麦茶色.まちがいなく潜血があります.腹部エコーをとるもののよくわからないらしい.レントゲンを撮り直しに行かされました.この頃には座薬の効果で痛みはほとんど和らいできてました.いちおう,会社に電話で一報.たぶん,一日休みと伝える.

片側だけで局部的に痛いこと,尿に血がまざっていることから見て,尿路結石の可能性が高いから,泌尿器科の外来に行ってくださいとのこと.

初診のところで診察券をつくってもらって,泌尿器科へ.ふつーに1時間30分くらい待たされました.泌尿器科で再度,念入りに腹部エコーするものの石は写らないらしい.これ以上は,CTで見るしかないらしく,後日の検査とのこと.痛止の座薬と消化器官の痙攣防止の飲み薬をもらい,帰宅.

根性入れれば会社に行けそうですが,また,激痛が出たらどうしようかと怖くなり,休むことに…
ひたすら,水分の多量摂取と飲み薬を続けてます.今のところ激痛の再来はないですが,怖くて怖くて….
座薬は冷蔵庫保管してくださいと言われ,おいおい,持ち歩けないじゃんか….

怖くなって,結石について検索しまくる.10人に1人はなる原因不明の病気らしい.多くの場合は,自然に排泄されるのを待つらしく,それまで痛み止でごまかし続けるらしい.おー怖いよぉ.とにかく,1日2リットル以上の尿が出るように水分を取る必要があるらしい.緑茶は良くないらしい.

大きい結石の場合は体外から衝撃波を当てて砕くらしいのですが,その際には,X線かエコーでターゲットを狙うらしい.X線にもエコーにも写らない私の場合は,どうなるのだろう….

そういえば,最近,背中がよく痛くなる.腎臓に石がたまるとそうなることもあるらしい.立ってると背中が痛くなるので単なる運動不足による筋肉痛と思っていたのですが,もしかして…

ともかく,来週のCT検査を待ちます.

[Top]